「〜する時間よ。」”It’s time to/for ~.” を使った超簡単な子育て英会話フレーズ

HELLO! こども英会話講師歴7年目&3歳のやんちゃBOYのママでもある Mai です(^^)
このサイトは【0歳〜小2年くらいまでの子育て英会話】に特化し、英語が苦手な親御さんでも、お子さんとの日常に英語を簡単に取り入れられるようなコンテンツを配信しております★

この記事では、日常のあらゆるシーンで便利に使える「〜する時間よ。」という表現をもとに、様々なバリエーションをご紹介しようと思います。

たったこれ1つのフレーズで、1日に30回もお子さんに英語で話しかけられますので、ぜひマスターしていただきたい表現です(^^)朝・昼・夜にざっくり分けてご紹介します。

“It’s time to ~. “と “It’s time for ~.”

まずは、「〜の時間よ。」を表す“It’s time to ~.“と“It’s time for ~.”の使い方の違いについて説明します。

toの後には動詞の原型
forの後には名詞】がきます。

例文を見ていきましょう。
両文とも「昼食の時間よ。」の意味です。

It’s time to have lunch.
toの後のhaveは動詞です。

It’s time for lunch.
forの後のlunchは名詞です。

両方一気に覚えようとすると、混乱が起きてしまう可能性もありますので、今回はバリエーションが豊富な”It’s time to ~.”だけに絞ってご紹介します。

朝に使える「〜の時間よ。」

It’s time to 〜.(〜の時間よ。)

wake up.(起きる)

brush your teeth.(歯磨き)

have breakfast.(朝ごはん)

eat.(食べる)

get ready.(準備)

get dressed.(お着替え)

go now.(もう行く)

leave home.(家を出発する時間よ。)

go to school / kindergarten / nursery school.
(学校 / 幼稚園 / 保育園に行く)

日中に使える「〜の時間よ。」

It’s time to 〜.(〜の時間よ。)

have lunch.(昼ごはん)

go out.(外に行く)

go to play.(遊びに行く)

go to grandma’s / grandpa’s / friend’s house.
(おばぁちゃん / おじぃちゃん / お友達の家に行く)

clean up / tidy up.(掃除 / お片付け)

take a walk. /go for a walk.(散歩)
※これについては後述

go home.(帰る)

say goodbye.(バイバイ)

take a nap.(お昼寝)

夜に使える「〜の時間よ。」

It’s time to 〜.(〜の時間よ。)

have dinner.(夜ごはん)

take a bath.(お風呂)

brush your teeth.(歯磨き)

go to bed.(寝る)

say good night.(おやすみ)

“Let’s ~!” に置き換えてみましょう

“It’s time to ~.” の部分を “Let’s ~!” に換えることで、「〜しよう!」という意味になります。余裕ができたらバリエーションを増やしてみてくださいね★

『子育て英会話』の関連記事

筆者プロフィール

The following two tabs change content below.
Mai Kamekawa
HELLO! こども英会話講師歴7年目、3歳のやんちゃBOYのママでもある Mai です(^^)このサイトは【0歳〜小2くらいまでの子育て英会話】に特化し、英語が苦手な親御さんでも、お子さんとの日常に英語を簡単に取り入れられるようなコンテンツを配信しております。まだサイト構築中で『Coming Soon』が多い状態ですが、楽しみにお待ちいただければ幸いです★

シェアしてね!