【怒】angry, grumpy, mad, upset の違い

HELLO! こども英会話講師歴7年目&3歳のやんちゃBOYのママでもある Mai です(^^)
このサイトは【0歳〜小2年くらいまでの子育て英会話】に特化し、英語が苦手な親御さんでも、お子さんとの日常に英語を簡単に取り入れられるようなコンテンツを配信しております★

“angry, grumpy, mad, upset” どれもなんだか怒っているような単語ですね。この4つの違いは何なのでしょうか?それぞれの違いを見ていきましょう。

angry, grumpy, mad, upset の違い

“angry” は『怒り』

angry
形容詞)怒って・腹を立てて・怒ったなど

【例文】
I’m angry with you!
(あなたに対して怒ってるのよ!)
※すでに怒っている状態

I got angry!
(もう怒った!)
※普通だった状態から怒った瞬間に使う

Why are you angry?
(何で怒ってるの?)

Don’t make me angry.
(ママを怒らせないで。)

“mad” は『立腹』

mad
形容詞)腹を立てて・立腹して

その他にも…
気の狂った・無謀な・ひどく興奮して・ばかげた・夢中になってなど、様々な意味があります。

“angry”よりも強い感情ですね。


【例文】
I’m mad at you!
(あなたに対して怒ってるのよ!)
※すでに怒っている状態

I got mad!
(もう怒った!)
※普通だった状態から怒った瞬間に使う

He is so mad because his brother broke his favorite toy.
(彼はお気に入りのおもちゃをお兄ちゃんに壊されてとっても怒っている。)

“grumpy” は『不機嫌』

grumpy
形容詞)不機嫌な・気難しい

【例文】
He is a bit grumpy now.
(彼は今ちょっと不機嫌なの。)

She is so grumpy and I don’t know what to do.
(彼女は気難しくてどうしたらいいか分からないの。)

“upset” は『動揺』

upset
形容詞)気が動転している・動揺・心を乱す・混乱・落ち着きがない・気にする・おろおろするなどなど、他にも様々な意味があります。

【例文】
Why are you upset like that?
(なんでそんなに機嫌が悪いの?)

※ここでは『機嫌』と訳しましたが、子どもが何の理由で泣いているのか・機嫌が悪いのか分からない時、かんしゃくを起こしている時などに使えます。

I was so upset when my son fell down the stairs.
(息子が階段から落ちた時には気が動転してしまった。)

関連記事

筆者プロフィール

The following two tabs change content below.
HELLO! こども英会話講師歴7年目、3歳のやんちゃBOYのママでもある Mai です(^^)このサイトは【0歳〜小2くらいまでの子育て英会話】に特化し、英語が苦手な親御さんでも、お子さんとの日常に英語を簡単に取り入れられるようなコンテンツを配信しております。まだサイト構築中で『Coming Soon』が多い状態ですが、楽しみにお待ちいただければ幸いです★

シェアしてね!